事故車でも査定は受けられますが、つけてもらえる査定の金額は低いでしょう。ですが、事故を起こした車ということを隠していても査定する人には隠しきれないので、マイナスのイメージになります。
もし、事故での損傷がひどすぎる場合は、買取業者の中でも、事故車専門の中古車の買取業者に査定してもらうと良い場合があります。
その方がより高い査定金額を提示してくれることも少なくありません。車の査定を受ける際の手順としては、最初にネット等で一括査定を申し込みます。
そうすれば、中古車買取業者から入力情報を基にした査定額が表示されますから、査定の額が良い業者、信頼ができそうな業者を選んで、実物をみてもらい、査定してもらいます。
査定の額が充分であると思ったら、契約をして車を買い取ってもらいます。
お金はその日ではなく、後日の振り込みが多くあります。当たり前のことですが車の査定額というのは買取業者によって変わります。納得のいかない値段で売ってしまうことのないよう、業者をあわてて決めずに見積もりをいくつもの業者から出してもらうようにします。ただし、ネットを利用して手に入れた見積もりと業者が車をちゃんと調べた上で出す査定額は変わってくるものですから、その点については留意しておくべきでしょう。
極端な例ですが、高額査定をネットの見積もりでつけておき、相場より下の査定額をつける悪意のある業者も少数ながら存在しています。
実際の車を業者に見てもらう査定では、自宅で受けられる出張査定を選ぶ人はかなり大勢いるようです。
利点はなにしろ持ちこまなくていいから楽ですし、持ち込みではかかる燃料代もかからないのです。
楽だし燃料代もかからないし言うことは無いのですが、押しに弱い人は業者に足を運んでもらう出張査定より、自ら業者側に運転していってそちらで査定をしてもらう方がどちらかというと向いているでしょう。業者に対して遠くまで足を運ばせてしまった等、申し訳ないような気持ちになると、なかなか断るのは難しくなるようです。